スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒たち



今日無事にテストが終わりました。
(昨日最後の3年生のタイピングが終わるという、
 またしてもギリギリセーフなテスト。)

これから先生たちが採点をして、
どの子が来年から次の学年に上がれるか
どの子が留年しなければいけないのか
結果をだします。

きっとその結果が出る頃には私はもういないでしょう。


最後の授業が終わった日も、
最後のテストが終わった今日も
全くといっていいほど、実感がない。

考えてみればそうだ。

今まで2年間毎日顔を合わせて、
学校にいけば一生懸命ケンカして泣いて
うるさくして先生に怒られて、
いつまで経っても私にわからないベンバ語で話し続けて…。

今日だって、何人の生徒がケンカして押し合いして泣いて
「マダム~」って泣きついたことか。


でも、「はぁ~、またか…」って思いながらも
ふと思い返せばそこには「2年」っていう時間がちゃんとあった。


初めて1年生が泣いていた時、
「名前もわからない」「なんで泣いてるのかわからない」「ベンバ語で説明されてもわからない」…
わからないごとづくしで、どんだけあたふたしてたことか。笑


2年前、チンゴラに来て見たうちの学校がこれ。
003_20111201212854.jpg


そして中に入って最初に見た光景がまさにこれ。
002_20111201213016.jpg



「学校」って言われて

教室があって~

校庭があって~

机があって~

黒板があって~…

っていうのを勝手な先入観で持っていた私。


信じられないくらいびっくりしたけど、ザンビア人のダイレクターや先生たちに
精いっぱい頑張って何ともないような顔をしていたのを今でも覚えている。




そしてコンパウンドに住むダイレクターや同僚たちの
貧しい生活がこの学校の運営に関わっていること。

彼らの生活がこの安い給料にゆだねられていること。

先生たちの給料が払えなくて、毎日銅山で12時間働いているダイレクターは
自分たちの3人の女の子たちをベッドもマットもない硬い床で寝かせながら
自分の1ヶ月の給料の2/3を先生たちの給料を払うために費やしていること。


ボランティアで来た私には責任というか負担がすごく重たかった。


そして、何度も何度も
「こんな貧乏な学校、もう無理だ」って思った。



チャーチメンバーに追い出されたり、


屋根が飛んだり、


先生の数、黒板の数、教科書、チョーク、机、何もかもが足りなくて


問題が起こる度に「あー、今度こそ終わりだな」って思ってきた。


そして何度も何度も
「どうしてダイレクターは自分のお金を費やしてまで学校をやっているんだろう?」って思ってた。



途中で場所がなくなって、
「となりのコミュニティスクールの一教室を借りよう」ってなったことがあって
その時も
「うちの学校の看板もないし、場所は別の学校。
 もううちの学校はクローズしてすべてとなりの学校にまかせてしまえばいいんじゃないか?」
って。



それでも、私が2年間あきらめずにがんばってこれたのは

どんなに劣悪な環境でも毎日学校に来て
すわり心地の悪いベンチ、机・教室もない学校で
がんばって授業をうけている生徒たち、
そこでがんばって教えている先生たち、
決してあきらめないダイレクターがいたからである。


生徒たちはいつでも一生懸命。

010_20111122185358.jpg


007.jpg

009_20111122190106.jpg

062.jpg

056.jpg

004_20111122185724.jpg



一度このブログでも書いたけど
彼らから、言葉通り
「生徒と先生さえいれば、どこでも学校はできる」
ということを教えてもらった。



残念ながら、途中で学校に来なくなってしまった子もいる。

私にもっと何かできたかもしれない。
「もっとできたかも」って思うことをあげたら、キリがないくらいある。


毎日、100%フルで頑張っていたわけではないし

時には日本から来た時の情熱が消えてしまった時もある。

どうしようもなくイライラしていた時、
「もう日本に帰りたい」って泣いたことも数えきれないくらいある。

やりたかったけど、達成できなかったことだってある。

先生たちへ彼らにとってはすごくきびしいことを言っていただろう。

今思えば、子どもたちのために、もっと頑張れたと思う。


「できなかったこと」をあげたらキリがない。



でも私が「来てよかった」と思ったのは、この前のミーティングで
ダイレクターが私へ言ってくれた一言。


「アイコ、日本からザンビアへ来てくれてありがとう。
 アイコなしでは今日の学校はここまでこれなかった。
 いや、今日になる前に学校がなくなっていたかもしれない。
 本当は何度も学校を閉めようって思ってたんだ。
 でもアイコが日本から来て、僕たちのために一生懸命頑張ってくれていたから
 あきらめちゃいけないって思ったんだ。
 でも今はあきらめないでいてよかった。うちの学校がここまでこれたんだから。」

と。


「なーんだ、彼もつらくてあきらめたかったんじゃん」っていう安心と
お互いに『もうやめたい』って思っていたのに、
お互いに『いや、でももう一方ががんばっているから…』って勘違いして
2年間頑張っていた自分たちのことを考えたららちょっとおかしかったのと、
彼の言葉に救われたのとで、涙と笑いが同時に出た。



そして、とても小さいけれど生徒たちにも変化もあった。

アルファベットが書けなかった1年生がA,B,Cをかけるようになった。

いつも数字の「3」を反対向きに書いていた子がちゃんと「3」を書けるようになった。

私が「あなたの名前は?」って英語で聞いても答えられなかった子が
きちんと自分の名前を言えた。

いつもベンバ語で「○○と▲▲がケンカしてる」ってレポートしにきていた子が
英語で言えるようになった。


とか。



今日、彼らの成長をずーっとずーっと見ていきたい
ってすっごく願った。


もしかしたら来年からまた学校に来なくなっちゃうかもしれない。
親の都合で遠くへ引っ越しちゃうかもしれない。

彼らの生活が不安定すぎるから、心配で心配で仕方がない。

それでも、どんな状況の中でも彼らにはどうにかして
彼らの未来を希望でいっぱいのものにしてほしい。

「パイロットになりたい」「先生になりたい」「ボスになりたい」といっている彼らの夢、
まだまだ叶う可能性がいっぱいあるんだから。





輝け、みんなの未来!


私からザム臭

ひとつ前のシリアスな記事をパソコンに向かって書いている最中に事件は起こりました。


くんくん…

くんくん…


なんかね、ザム臭*を感じるのよ。



-------------------------------

*【ザム臭】とは…

こんなことを言ってしまうのは
大変申し訳ないのですが、ザンビア人の方々非常に臭いがキツイのです。
男性女性問わず。
特にあのぎゅうぎゅう詰めにされるミニバス、
おっきいおばちゃんやおっちゃんの隣に座ると完全にアウトです。
(全員ではないのでしょうが)

ザンビア隊員の間ではこの体臭…いや、この香りのことを『ザム臭』と呼びます。

帰国した隊員の中には「このザム臭がもはや恋しい…」という強者まで。

なぜだろう?
体質?お風呂にあんまり入ってないから?

ちょっとお金のある人はデオドランドを買って、
一瓶使い切ってしまうのではというくらいふりかけます。

--------------------------------


そう、このザム臭を自分の家でパソコンをいじりながら感じた私。

もちろん家には私ひとり。



くんくん…


きょろきょろ。





ザンビア人、なし。



パソコンが臭いんじゃないかと思って
パソコンを嗅いでみる。


くんくん…



ちがう。



パソコンが置いてあるテーブルが臭いんじゃないかと思って
テーブルを嗅いでみる。


「このテーブルになんかこぼしたっけ?」とテーブルを疑ってみる。


くんくん…



ちがう。




そして改めて自分を嗅いでみる。




くせー!!!!!!


自分めっちゃクサい!!


まさにザム臭!!

特に左のわき、そこ!めっちゃくせー。










「なぜ?なぜ私からザム臭?」とひとりパニックになる私。



いろいろ考えてみる。



今朝、お風呂入ったし。



今日着てるこのTシャツもまだ1日目だし。


もう一度Tシャツを嗅いでみる。



くんくん…





やっぱり、くせー!!!!!!!!!




うん、このTシャツが臭い。



私からザム臭がする。





いろいろ自分に問いかけてみる。




お風呂入った時ちゃんと洗ったっけ?



今日そんなに汗かいたっけ?





今度は右側と左側嗅ぎ比べてみる。






左のわき、そこー!
めっちゃくせー!!!!!!





貯めてある水を使って、この真昼間からもう一度お風呂に入ってしまおうか。






でも、なぜ?なぜ?

まだ自分からザム臭がするということを認めたくない私。





そこで気が付いた。





学校から病院行く途中の相乗りタクシー。
(こちらもギュウギュウです。)

私の左隣に座ってたおっちゃん、めっちゃ足広げて場所取ってたから
「負けちゃいかん」とばかりに脚も上半身もぐいぐい押して
ひとりで勝手に競ってた私。


そして座席上で自分のスペースを確保した私に、
彼の上半身が思いっきり乗っかってきた。

彼のわき、完全にわたしの左肩に乗ってたわ!






くんくん…



うん、左わきじゃない。

左肩、そこめっちゃくせー!




タクシーに乗ったのはかれこれ2時間以上も前のこと。
こんなに強烈な残り香があるなんて。


むしろ、匂いがきつすぎて
これが残り香だと気付けなかった私。


くそー、タクシーの中でスペースの競い合いなんてするんじゃなかった。




かなしいお話

昨日、体調不良で学校を休んでいたので
今日ひさしぶりの学校でした。

先週の木曜日から無事にテストが始まり、
私の最後のタイピング作業もあと1教科で終わりです。
(まだ終わってない…。)

今朝、学校へ行って
「どう?テストも順調に進んでる?」って話をしていたら
先生たちが「昨日Sad Newsが舞い込んできた」と。

どうやら3年生の女の子がやけどで入院しているらしい。

話を聞くと、
彼女は実のお父さんと義理のお母さんと一緒に暮らしていて
日曜日の夜、お父さんとお義母さんがケンカをしていたところ、
怒った義理のお母さんが彼女へ向かって沸騰したお湯をひっかけてしまったそう。

彼女は胸に大やけどでチンゴラの病院に入院中だと。


今日、算数のテストが終わってからお見舞いに行ってきました。
(他の先生たちは病院のあるタウンまで行く交通費がない
    +
 お見舞いの品物を買うお金がないというので、お見舞いはだいたい私が行きます。)


うすぐらい病院の中で彼女を見つけました。

胸、太もも、腕にまで大やけどを負っていて
皮膚もピンク色になっているほど。

ばい菌が入らないようにラップを巻かれていて、
枕もふとんもないベッドにただただ横になっていました。


お父さんとは別のところに住んでいるという彼女の本当のお母さんが
つきっきりで面倒を見ていました。


彼女がうちの学校に来たのはまだ4ヶ月くらい前のこと。

-------------------------

私がコンパウンドをひとりで歩いていたら、
やたらでっかい荷物を自転車に積んだあやしいおじさんが
追っかけてきて、半分早歩きで逃げていた私。

現地語で「ムリシャーニ?(How are you?)」と言われて
めっちゃ愛想悪く返事してたら
「マイドーター。スクールスクール。」って。

英語が話せないのだけど、どうやら彼の娘をうちの学校に入れたいらしい。
(勝手に彼を悪い人扱いしてた私。)

「明日7時に娘さんと学校においで。ノートと鉛筆もだよ。」
と言ったら、次の日きちんと時間通りに来ていた彼ら。

出席率もいいし、きちんと学費も払っていたのに。

-----------------------------------------


今学校はテスト中なので、
彼女に「病院ででもテスト受けたい?」って聞いたら
「うん」とうなづいたので、明日はテスト用紙を持ってまたお見舞いに行ってきます。

テレビがあるわけでもなく、絵本があるわけでもなく
病院ではただただ寝ているだけ。

「何を考えてベッドに横たわっているんだろう」と思うくらい何もない。
ヒマつぶしになるくらいの本も明日持っていこう。




それにしてもひどい。

義理のお母さんは今警察署にいるらしいけど、
でも離婚関係でごたごたしているひどい話、
こっちに来てから何度も耳にします。



配属先のあるコンパウンドでも
元夫が、自分の前妻が他の男と歩いているのを目撃して
ナイフで殺してしまっただとか、

学校の学費も、同じ兄弟なのに
「弟の方の学費は母負担で、兄の方の学費は別れた父親負担だから私は払えない」
なんて言い訳されることも。

さらには、
1,2年生でとっても仲がよかった姉妹
(2人ともとても良い子で成績もすごくよかった)が
突然学校に来なくなってしまったかと思ったら
「突然別れたお母さんが来て、彼女たちを引き取ってしまった。
 (しかもお父さんが働いているうちに)」だとか。


残念ながら、こういう話を聞く機会がすごく多い。

子どもの権利が日本より全然尊重されていない。
すごくかなしい。

Ⅲターム

Ⅲターム最後の授業が終わりました。

授業は終わっても、明日からテストがあるのでまだ生徒には会えますが。

そして、最後の授業なので休み時間も今日が最後。

今日は思いっきり子どもたちとサッカーしてきました。

サッカーゴールがあるわけでもないので、
輪を作って、真ん中にひとり入ってその人にボールをとられないように…
っていうゲーム。日本でもやってるよね?

これを延々と1時間くらい。

時間が経つのも忘れて夢中になっていたら
休み時間をとっくに過ぎていて後半の授業をつぶしてしまった私。
先生たちも気を使ってくれたのか、だまって見逃してくれていました。

最後にみんなで
019copy.jpg




明日から住血吸虫検査のため、ルサカへ行ってきます。

業者さんが


やってきました。

9月にも借りている教会のチャーチメンバーから

「電気ケーブルの取り付け工事をしたいから(学校に電気はないのです。)
 授業は3日間やらないでくれ。」


というお達しが出て、1,2年生の授業がつぶれました。

そして11月。

また同じ業者さんが来て

「天井をつけたいから(そう、天井もないのです。)
 教会は使わないでくれ。」
って。


でも今回は突然業者さんが来て、
チャーチメンバーからの事前の説明もなかったし、
私たちはテスト間際なので授業をやらないわけにもいかない。

それに毎月、教会を使わせてもらう家賃(これも結構高い)を払っている。
11月分もとっくに払っているし、私たちは教会を午前中使える権利がある。


教会のパスターからの説明もなく、
(結局彼は村へファーミング)拒み続けていましたが
結局午前中は授業をやりながら隅の方から作業を始めて
午後に本格的に工事をするということになりました。

が、翌日の朝。(業者さんが帰ったあと)
034_20111122184429.jpg




黒板もひっくり返されてるし、とにかく汚い。
机の代わりに使っているベンチも高く積み上げられて、
さらには壊されているものも。

いつもは2年生の男の子が毎朝ベンチをアレンジングしているけど
こんなに高く積み上げられたベンチ、2年生の力じゃ運べません。

5,6年生の男の子たちを呼んで手伝ってもらいました。

今週の木曜日からテストが始まるのに
今日も10:00で帰されてしまいました。

果たしてテストは無事にできるのか?

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あいあい

Author:あいあい
■性別:♀
■出身地:千葉
■派遣先:ザンビア チンゴラ
■職種:青少年活動

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
【あいあい通信】カウンター
カテゴリ
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。