スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納得いかないっ!

うちの学校で昨年の3月からやってきた女性のエンパワーメントコース。

1.洋裁教室

033_20110526014341.jpg
→小さな赤ちゃんを連れながら洋裁を学ぶ生徒

2.料理教室

046_20110526014600.jpg

052_20110526014438.jpg
→電気がないので炭をつかって、道具もじゅうぶんにない学校で
 かがみながら実習をする料理教室の生徒


061_20110526014639.jpg
→わたしもちゃんと手伝います


なんだかんだでやっと6人が1年(以上かかった…)の課程を修了しました。


ということで、ダイレクターと修了式の準備を進めています。

修了式は6月10日(金)。
ゲストも呼んで盛大にやろうと計画しています。


-----------------------
プログラム:

1.オープニングスピーチ
2.インストラクターから彼女たちが修了したコースの紹介
3.修了証書授与
4.生徒代表のスピーチ
5.ゲスト代表のスピーチ

------------------------

学校のお金を使って、飲み物を用意して
料理教室の卒業生が実習で習ったケーキを焼いて、
洋裁教室の生徒たちも何か用意して~

みんなで協力して準備を進めます。



うん。


ここまではオッケイ。納得いくよ。


問題はね、ゲスト。

ダイレクターとうちのセンターの理事の2人は
白人のゲストを呼びたがったり、地区のカウンシラー(日本だと区長とかにあたるのかな?)を
呼んだり、大々的にやりたいらしい。

形にこだわるザンビア人。


うん、それもまだいいよ。


で、問題はそこから…


証書の授与は白人のゲストがやって、
彼女たちが焼くケーキもゲストの名前を入れなきゃって。


あ:「これ、彼女たちの卒業式でしょ?」
  「どして区長の名前でケーキ焼かなきゃいけないの?」


証書の授与も1年間教えたインストラクターから渡すもんだと思ってたらゲストがわたすんだって。


インストラクターがサインして
インストラクターが認めて発行する証書なのに。


食べ物も飲み物もゲストには特別いいものを用意したいんだって。


いちばんお祝いされるべきなのは生徒たちだと思うんだけどな。


なんかどんどん主役が卒業生からゲストに変わっていってる…


一体なんのパーティーなん?
ただ、学校のお金を使ってお偉いさんたちをおもてなししたいだけのような気がしてならない。


こういう文化的なことは、特に口に出さず流れにのってきたけど
1年間頑張ってきた彼女たちを精いっぱいお祝いしたい私はひとり納得いかず。



なんとか当日までにじわりじわりと方向性を本来あるべき方向に持っていけたら
とひそかにたくらんでます。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

規模の差はともかく 日本でもザンビアでも納得のいかない事はあるもの
ですね。
でも納得のいかない事にとらわれ過ぎると本来の大きな目的を失ってしまう事もあるので要注意。

野次馬的に言うと あいあいの秘かな作戦に期待。
でも無理しないように・・・。
PAUL
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

あいあい

Author:あいあい
■性別:♀
■出身地:千葉
■派遣先:ザンビア チンゴラ
■職種:青少年活動

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
【あいあい通信】カウンター
カテゴリ
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。