スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザンビアのお金



通貨はKwacha(クワチャ)
コインはなくて、紙幣しかありません。

普段はUSD⇒ZMKで両替をするので、
日本円とのレートより米ドルとのレートの方が身近です。
ちなみに今日のレートは$1=ZMK4520

最近のJPY⇔USDのレートがわからないので、
かなりの概算になりますが日本円にするとたぶんこんな感じ。

《紙幣の種類は全部で8種類》

 ●K 50(=1円未満なので換算不可)
 ●K 100(=約2円)
 ●K 500(=約10円)
 ●K 1,000(=約20円)
 ●K 5,000(=約100円)
 ●K 10,000(=約200円)
 ●K 20,000(=約400円)
 ●K 50,000(=約1000円)

紙幣だけなので、財布は使わずにお札をふたつに折ってそのままポケットに入れて生活しています。
(※お金を持ってると思われないように、外側は常にK50札とかK100札でカバー)

学校と家の往復だけなら K10,000以上使うことはないので持ち歩くのも100円以下。




チンゴラでの物価はこんな感じ。

●500mlのミネラルウォーター:だいたいK1,700(=約34円)
(500mlのコーラだとK5,000=約100円)

●毎日乗るミニバス 1回:K2,000(=約40円)

●べーカリーの食パン一斤:K4,500(=約90円)

●チンゴラの相乗りタクシー:K2,000(=約40円)
(ルサカだと相乗りじゃないので、近くてK20,000=約400円)

●かんなーり良いレストランで豪華に夕食:K70,000(=約1,400円)

●チンゴラ⇔ルサカの長距離バス(7時間)片道:K75,000(=約1,500円)


最近は普通に生活していて、K10,000を超える品物を買う時は
200円くらいなのに「お、高いな」って感じるようになってきました。
ザンビア人にとってK50,000は大金。
きっと日本人にとっての10,000円札みたいな感じかな。

でも南ア系のスーパーSHOPRITEだったり、ルサカの大きなショッピングモール、
嗜好品(輸入物のチョコとか)、殺虫剤、新品の服とかはとっても高くて
日本の物価とそんなに変わらないものもあります。
スーパーで大量に買い物をできる人たちは、かなりお金がある人たちなので
スーパーの前にはいつも物乞いの子どもたちがいっぱいいます。


日本にいた時に『マクドナルドのハンバーガーで世界の物価を見る』っていう話を聞いたけど
残念ながら、ザンビアにはマクドナルドがないのでこんな感じで伝わると幸いです。



***************************

《今日のベンバ語講座(マネー編)》

Nishinga?(ニシンガ?):How much is it?

Mutengo wakosa!(ムテンゴワコサ!):It's too expensive!
Bwesheniko.(ブウェシェニコ):Give me discount.

Nshikwete indalama(ンシクウェテ インダラーマ):I don't have money.

***************************


これでベンバ族から値切りGETできます!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

あいあい

Author:あいあい
■性別:♀
■出身地:千葉
■派遣先:ザンビア チンゴラ
■職種:青少年活動

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
【あいあい通信】カウンター
カテゴリ
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。