スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応募~選考(4)二次選考について

二次選考(@JICA広尾) 

  ①語学試験(英語)
  ②健康診断審査
  ③制服採寸
  ④身分措置確認
  ⑤面接


--------------------------

会場はとても広く、受験者は100人以上いたかと思います。
面接以外は同会場で行いました。

①語学試験
(英語、マークシート式 65分)

リスニングもあり、ほとんどTOEICと同じような形式でした。
難易度は、高校生の英語ができれば問題ない程度という印象でした。
JICAのHPから過去問を見れるみたいなので、心配な人は対策をしていった方が良いかも

《過去問題・サンプル問題(JICA HPより )》
http://www.jica.go.jp/activities/jocv/application/exam/index.html


②健康診断

一次選考時に提出した「健康診断書」「健康に関する調書」に基づいて、問診を行います
アレルギーやこれまでの病歴について聞かれました
ひとり5~10分くらいだったかな。


③制服採寸

これは協力隊の制服のサイズ採寸。
係の人が有無を言わさず、一瞬でサイズを決定してくれます。
選考中だったけど、何だか合格した気分になりました


④身分措置確認

これは人事的な質問。
現職参加 or 退職しての参加か?という確認や必要資格についての確認でした。
これもひとり5分くらい。


※だいたい午前中のうちにここまで終了します。
  私は面接の時間が16:00~だったので3時間以上待機でした・・・



待ち時間


協力隊の選考を受けている人は本当にいろんな人がいて、
「何故応募したのか?」ということや「これまでの経歴」について聞くだけで
とても刺激になります。

両隣りの人は同じ職種で、
ひとりは小学生に図工を教えている陶芸家 兼 大学院生。
(面接が緊張すると言ってスティックのりを握って面接へ行きました。)

もうひとりは、北海道から来た学校の非常勤講師、ひとりで途上国を旅しているとても魅力的な人でした。
(2回目の応募でいろいろな情報を教えてくれました。)

気づけば、隣の人だけでなく、
近くの席で面接を終えた人が「こんなこと聞かれたよ」とか「面接官はこんなだったよ」とか、たくさんの情報を教えてくれました

3時間近くいろんな話をして、すっかり打ち解けることができましたが
残念ながら私の面接開始と同時に
解散の時間となってしまったので、解散してしまいました。

みんなの連絡先とか聞いておけばよかったな・・・


⑤面接
(面接官5人 × 私)

Q1:自己PRを含めた志望動機
Q2:応募用紙や履歴書についての質問
Q3:現職について
Q4:応募の要請を志望した理由
Q5:「エイズについて知識はあるか?」⇒「…ありません。勉強します。」
Q6:A5について、「どのように勉強するのか?」

Q7:退職参加についての理由

覚えている質問はこんな感じです。
人物面を見ている方と、スキルを見ている方がいるような印象でした。
ちょっと印象がコワい面接官もいて、結果はぼろぼろ・・・


落ち込みながら会場に戻ると、さっきまで100人以上いたところが
みんな帰ってしまい2,3人残っているだけで、さらに心が切なくなりました

・・・が、
自分の席に戻ると、帰ってしまった両隣りさんが

「面接お疲れ様」
「よかったら情報交換しましょう」


といった書き置きと連絡先を残していってくれてました。
会場でひとり涙を流しました
もしこのブログを見ていたら、この場を借りてお礼を言わせてください。
あの時は本当にうれしかったです、ありがとうございました。

本当に素敵な人たちと出会い、ますます『合格したい』という気持ちが強くなりました。

スポンサーサイト

応募~選考(3)一次選考について

一次選考(書類選考)の提出書類は以下のものでした。

  ・調書
  ・応募用紙
  ・職種別試験解答用紙
  ・健康に関する調書
  ・健康診断書



●応募用紙

本当に大変でした

提出期日2日前に図書館にこもること8時間…
1日で終わるだろうというあまーい考えをしていたので
心が折れそうになり、何度も次回の選考に持ち越そうと思いました。

質問された内容について、記述で答えるものでしたが
特に『ボランティア活動に参加する動機・目的』、『ボランティア活動の意義・目的』についての記述は
本当に考えさせられました。

きっと「これ!!」っていう正解はないのだろうけど、
心から「無償で力になりたい!」って思う人もいると思うし、
「ボランティアをしている自分が好き!」っていう人もいるかもしれない…

これについては、何を書けば合格するのかわかりません。

夜中までかかって、結局期日前日に速達で提出しました。


●健康診断書

「そろそろ健康診断を受けなきゃいけないな」と思ったのが、提出期限の10日前。

健康診断を行っている病院に電話しましたが、
検査項目がかなり細かく(特に血液検査)、ほとんどの病院で

「予約がとれるのに数週間」
「検査結果が出るのに1週間」


と言われ、こちらでも心が折れそうになりました

いろいろ探し回って、結局3日で結果が出て土曜日も健診をやってくれる病院を見つけたのでそちらでお願いしました。


早めの準備は大切です。

これは、2次選考で気づいたことですが
一次選考にパスした人達は
各職種や要請についてそれなりに適した経験があった人が多かったです。
青少年活動では、子どもたちへの指導経験がある人が多く見受けられました。

きっと一次選考では「志望する職種・要請にマッチした人物か」をよく見ていると思います。


あとはとにかく健康!

私は風邪以外の病気はほとんどしたことがなく、
10年以上バレーボールをやっていますが
つきゆび・捻挫・骨折は一度もしたことがない…という驚異の肉体の持ち主です。笑

ただし、健康面で不合格になってしまう人も多いようなので
不安がある人は健康管理にも気を払わなければいけないかもしれません。




早めに準備をしなかったため、大変は思いをしましたが、
とにかくあきらめないで応募してよかったです。

あの応募用紙や試験別問題でくじけちゃう人もいるんじゃないかな。



応募~選考(2)応募職種について

『協力隊の試験を受ける』といっても、本当にたくさんある職種の中から一度の応募で受けられる職種はひとつだけなので、まずは受験する職種を決めなければなりません。
職種は部門毎に分けられたものが約120以上あったかと思います。

実際に受けてみて、自分にあった職種を選ぶことが何より大切だと思いました。
(一次の書類選考でも職種によっては試験問題が課されていたものもあるので


【職種の一例】 ※一部です。

農林水産部門

野菜栽培/家畜飼育/獣医・衛星/村落普及開発員/植林など

加工部門
陶磁器/木工/金属加工/溶接など

保守操作部門
工作機械/電気・電子機器/電子工学/建設機械/船舶機関/自動車整備など

土木建築部門
上下水道/測量/都市開発/建築/水資源開発など

保健衛生部門
医師/歯科衛生士/看護師/助産師/感染症対策/ソーシャルワーカー/エイズ対策など

教育文化部門
デザイン/社会学・文化人類学/気象/コンピュータ技術/青少年活動など

スポーツ部門
体育/水泳/テニス/バレーボール/柔道/空手道など


資格や実務経験が必要な職種が多く、資格・経験・スキルが何もなかった私が受けられる要請があったのは

・エイズ対策
・感染症対策
・村落普及開発員
・青少年活動
・ソーシャルワーカー


くらいでした(やはり倍率も高いです。)

その中で、「自分が何をしたいのか?」「中でも自分の数少ない経験を活かせる職種は何か?」ということを考え、最終的に『エイズ対策』『青少年活動』の2つにしぼりました。

さらに、エイズ対策では医学や医療的な知識も必要なのではないかと不安に思ったこと、
もともと子どもたちと関わる要請を希望していたことから、
青少年活動で応募しようと決めました


職種が決まると、今度は応募する要請を決定します。
各職種毎に国別の要請があり、その中から3つまで志望することができます。


私は、国際協力に興味を持った本の中で
特にアフリカの子どもたちの様子が印象に残っていたので
とにかく派遣国はアフリカを希望していました。

さらに、エイズ予防啓発活動に関わる要請があったので、迷うことなく要請も決まりました。


要請が決まれば、あとは提出書類の準備だけです
                                      



                                    (…「応募~選考(3)へ」つづく)

応募~選考(1)

青年海外協力隊の受験を考え始めたのが、2008年8月。
最終選考が終わり、合格通知が届いたのが、2009年2月。
合格までに約7ヵ月間かかりました。


応募~合格までの過程を簡単に書くと…


①募集要項入手&職種決定


②一次選考(書類選考) 
 (提出書類は以下のとおり)
  ・調書
  ・応募用紙
  ・職種別試験解答用紙
  ・健康に関する調書
  ・健康診断書

③二次選考(@JICA広尾) 
  ・面接
  ・語学試験(英語)
  ・健康診断審査
  ・制服採寸
  ・身分措置確認



内容はこんな感じでした。(うろ覚えです…)

私は、一次の健康診断で「再検査」となってあせったり、
期限ギリギリまで行動できないので、
書類提出日前日にあわてて準備し始めたり…
働きながらの受験だったので、本当にバタバタでした。


健康診断もあるので、余裕を持って応募することを
間違いなくおすすめしますっ!!!!!


説明会も開催されているので、
応募を考えている人は行くと良いかも^^
(私は余裕がなさ過ぎて行けませんでした

《JICA 青年海外協力隊 体験談&説明会》
http://www.jica.go.jp/activities/jocv/setumei/index.html

ちなみに、語学試験は
設定されている基準を満たしていれば、免除になります。


一気に書くと長くなっちゃうので、
それぞれの試験内容については、分けて更新します。

--------------------------------------


無我夢中で選考を受けてたから気づきもしなかったけど、
他にも『在外公館派遣員』っていう制度の選考を受けたり…

今となっては恐るべし勇気と行動力です


これまで行った国も、イギリス韓国、フランスに旅行くらい…
途上国へは一度も行ったことありません。
ひとり暮らしもしたことがないので、初めてのひとり暮らしはザンビアです
ちょっと心配です…。



最近は歯医者さんの治療も無事に終わって
スーツケースやノートPCを購入しようとちょくちょく見て回ってます

パソコン全く詳しくないので…
おすすめのPCがあったら、ぜひぜひご一報くださいっ


05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あいあい

Author:あいあい
■性別:♀
■出身地:千葉
■派遣先:ザンビア チンゴラ
■職種:青少年活動

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
【あいあい通信】カウンター
カテゴリ
メッセージはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。